クリエーターを目指している方に最適な進路とは?

専門学校を検討しよう


ゲーム業界でクリエーターとして活躍することを目指すなら、ゲーム開発の専門学校への進学を検討しましょう。この専門学校は、その名の通りゲーム開発に必要な知識やテクニックの基礎を学べる学校です。一般的なゲーム開発では、いくつかの職種のスタッフがチームを組んで行います。企画、プログラマー、サウンド、グラフィックデザイナーがおもな職種です。ゲームの専門学校では、これらの職種に合わせたコースが用意されていて、基礎から実践までしっかりと教えてくれます。職種によっては、大学に進学して学ぶ方法もあります。しかしゲームの専門学校では業界経験者が講師となる例が多いため、実務に近い形で学べるのです。卒業が近くなると、就職活動のサポートもあります。

ゲーム開発専門学校のカリキュラムとは


ゲーム開発の専門学校では、職種別にカリキュラムが設定されているのが通例です。入学の時点で、どのコースを希望するのか考えておきましょう。どのコースも、基礎を学ぶ「座学」と学んだことを活かす「実践」で構成されていますが、実践の時間が多めにとられています。そのため、授業は全体的にハイペースであることが多いので予習・復習はしっかりと行いましょう。専門学校によっては、自習のために設備が開放されている場合もあります。専門学校で学ぶことは、各職種における基礎的な項目にすぎません。ゲーム開発会社に就職して活躍するためにも、常に積極的な態度で勉強しましょう。積極的な態度で取り組むことは、就職活動のときにも役立つはずです。

漫画の専門学校では、漫画に関しての知識や技術を身につけられる充実したカリキュラムが存在し、基礎からしっかりと学べます。