ゲーム業界で活躍したい方におすすめ!

ゲームグラフィックデザイナーは、色々デザインする話


キャラクターデザイナーは、ゲームに登場する人やキャラクターをデザインします。人物の場合は、服装やアクセサリーなど、デザインに関する要素が盛りだくさんです。人物以外にも動物やモンスターなど、さまざまなキャラクターデザインがあります。 背景デザイナーは、建物や地形など、ゲームのコンセプトにあった背景をデザインします。現代だけではなく、設定が未来や過去、宇宙やファンタジーなど多彩です。建造物だけではなく、花や小物なども背景デザイナーの仕事です。 エフェクトデザイナーは、キャラクターの必殺技や、攻撃するグラフィックをデザインします。スマートフォンの性能が年々あがっているのと同様に、グラフィックも派手になっています。迫力のあるゲームを作るためにエフェクトは重要な要素です。 その他にも、広告のデザインやアイコンなど、グラフィックデザイナーが行う仕事はたくさんあります。

自分の得意分野を生かして自分のアピールポイントに


すべて出来るのが理想ですが、デザインする種類が多いため、大変と思うかもしれません。しかし、数ある中から自分が得意な分野を伸ばして、さらなる技術向上があれば、強力なアピールポイントになります。
簡単なゲームは少人数で作ることがありますが、ある程度の規模になると製作スタッフの数も多くなります。自分のアピールポイントがあることは自信になり、すばらしいゲームを作る原動力となります。
現在のゲーム市場は、スマホゲームが主体となって細分化しています。プログラムやグラフィックも年々複雑になっており、各分野のエキスパートがそろって一つの作品に仕上がります。自分のアピールポイントがあれば、ゲーム業界で活躍するための強い味方になりますので、目標に向かってがんばりましょう!

アニメの学校はアニメーション関連について学べ、施設も充実しているので快適な学生生活ができます。有名な漫画家が講師になることもあり、貴重な体験です。