どうすれば実現できる?クリエーターになる夢

漫画家や作家など個人で創作する人は新人賞に応募するのが近道


物を作るクリエーターという仕事にはいくつかの種類があります。たとえば、昔から存在するものとしては、映画制作者、あるいは漫画家、作家なとがあり、最近になって脚光を浴びるようになったものとしてはゲーム制作者が挙げられます。では、こういったクリエーターの仕事に就くためには具体的にどうすればいいのでしょうか。
まず、漫画家や作家といった個人で行う創作の場合、雑誌などで募集している新人賞に応募するというのが一般的です。新人賞でなんらかの賞を取ると、担当編集者がつき、プロになるためにいろいろと指導をしてくれます。そして、そのままデビューできる場合もあれば、再度、新人賞に応募するようにいわれ、そこで大賞やそれに準じる賞を取ってデビューという流れになります。

ゲームを作りたい場合は専門学校に入って実践的な知識を学ぼう


では、ゲームクリエーターや映画制作者の場合はどうようにしてプロになるのでしょうか。こういったジャンルにも公募の賞があり、それに応募してプロになる人もいますが、一般的には大学や専門学校に入り、そこで知識を学んで映画やゲームを作る会社に就職するという流れが多いです。
ゲームの専門学校では、シナリオの書き方やプログラミング、デザインなどを学ぶことになります。また、在学中にゲーム制作会社でアルバイトをして、そのまま就職してしまうというケースも少なくありません。一般の大学からゲーム制作会社に入る人ももちろんいますが、専門学校に入ると実践的な知識をすぐに学ぶことができるので、ゲームプログラマーなど技術的な職種に就きたいという場合にはおすすめです。

ゲームの学校では、専門的な知識だけでなく、ゲーム業界で役立つ技術も学べるため、就職に大変有利というメリットがあります。